みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 51

宮部みゆきのパーフェクトブルーについて

宮部みゆきのパーフェクトブルーについて知っている人は教えてください。

現在の投票数
0

1

宮部みゆきのデビュー作となる長編ミステリー小説ですね。ミステリ叢書『鮎川哲也と十三の謎』の第5回配本として1989年2月に発表されました。あらすじは「高校野球界のスーパースター・諸岡克彦への恐喝事件は放火殺人へと発展、容疑者として次男・諸岡進也が挙げられた。探偵事務所所長で父親の蓮見浩一郎から進也の捜索を依頼されていた探偵事務所の蓮見加代子は、克彦の死の謎を解くため事件の真相解明に乗り出した。また同時期、三友製薬でも過去のある薬品について脅迫を受けていたが、その処理にあたる木原和夫は三友製薬の負の顔を知っていくことになる。「ナンバー・エイト」と呼ばれる謎の新薬『パーフェクトブルー』をキーワードに、2つの事件が繋がる真相とは?」です。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

2

1989年に発表された推理小説です。2つの殺人事件、関連はあるのか?ーキーワードは「パーフェクトブルー」という謎の新薬。ドラマ化もされています。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~2件 / 2件中
この中にないのでランキングを追加