人気少女漫画「きょうのキラ君」中川大志×飯豊まりえで実写映画化「キュンキュンポイント満載です!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大ヒット少女漫画「きょうのキラ君」が中川大志と飯豊まりえの出演で実写映画化決定
画像を拡大して見る

累計150万部突破の大ヒット少女漫画「きょうのキラ君」が、中川大志と飯豊まりえの出演で実写映画化、2017年2月25日(土)に劇場公開されることが決定。そしてこの度、映画のビジュアルが解禁となった。

中高生を中心に絶大な支持を獲得し“きょうキラ旋風”を巻き起こした、みきもと凛「きょうのキラ君」(講談社「別冊フレンド」刊)は、他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンが、学校のクラスメイトで、誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじに初めて恋に落ちる所から始まる。しかし、キラ君には誰にも言えない秘密があり…という“キュン泣きラブストーリー”が繰り広げられる。

容姿端麗、学校中の女子が憧れる“キラ君”に抜擢された中川大志は、ドラマ「重版出来!」(TBS)で新人漫画家役、大河ドラマ「真田丸」(NHK)では豊臣秀頼役を務め、秋には映画『四月は君の嘘』(2016年9月10日公開)も控えるなど注目のイケメン俳優。今回は、自身初となる少女漫画の実写化作品で主演を務める。

そして、ヒロインの“ニノ”役には、話題作『MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜』でもヒロインを演じ、7月スタートの月9ドラマ「好きな人がいること」(CX)への出演が決定している若手女優・飯豊まりえ。雑誌「Seventeen」の専属モデルも務めるなどマルチに活躍する彼女が、恋にひた向きで純粋な女の子・ニノを熱演する。

2人はこのたびの役柄について「ニノと出会って少しずつ変わっていく、キラの変化をしっかりと丁寧に演じました」(中川)、「みんなに愛されるような女の子になれるようにイメージしながら、“笑顔”を大切に演じました」(飯豊)とコメント。また、映画自体の印象については「見終わった後に、自分の大切な人に会いたくなる、そんな作品になればいいな」(中川)、「好きな人、家族、仲間の大切さに気がつける心温まる作品」(飯豊)と語っている。

映画『きょうのキラ君』の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■中川大志 コメント

少女漫画の実写化という、今までチャレンジした事の無いジャンルの作品だったので不安もありましたが、この作品は、キラキラしていてキュンキュンできる部分がド直球に描かれているなと思ったので、しっかりそこを見せていきたいと思いました。また、ニノと出会って少しずつ変わっていく、キラの変化をしっかりと丁寧に演じました。ニノにしか見せないキラの弱い部分と、学校でのクールでツンツンしてるキラのギャップをしっかりと付ける事も心がけました。

この映画は、キラキラしたシーンが盛り沢山で、キュンキュンポイント満載です!

そして、キラとニノ、その家族、友達の姿も丁寧に描かれた、笑って、泣けるラブストーリーになっています。見終わった後に、自分の大切な人に会いたくなる、そんな作品になればいいなと思います。

■飯豊まりえ コメント

原作を読ませていただいたときに、甘く切ない胸がきゅっとなるような展開に私も涙しました。いち「きょうのキラ君」ファンになっていたので、お話をいただいたときは夢のようで、とても嬉しかったです。

ニノンちゃんは、繊細で純粋で何に対してもど直球な性格なので、みんなに愛されるような女の子になれるようにイメージしながら、“笑顔”を大切に演じました。

いつも優しく温かい雰囲気を持った中川大志くんをはじめ、共演者の方々、そしてスタッフさんに囲まれて、大変な撮影スケジュールも乗り越えることができました。

ほんとにキラキラで、好きな人、家族、仲間の大切さに気がつける心温まる作品になっています。たくさんの方に届きますように。

■映画『きょうのキラ君』

2017年2月25日(土)劇場公開

公式サイト⇒kirakun.jp

▼「きょうのキラ君」原作コミック電子書籍配信中!

きょうのキラ君

これは、人生でもっとも輝く365日の恋の話。『近キョリ恋愛』みきもと凜が一番描きたかった物語。――3...

試し読み

432円/巻

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP