祝!「高台家の人々」映画公開記念。森本先生フェアだよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

「森本梢子マガジン『高台家の人々』映画公開記念版 マーガレットコミックスNEWS 特別号」表紙 (c)森本梢子 / 集英社
画像を拡大して見る

大ヒットコミック「高台家の人々」映画公開記念。森本先生フェア「高台家の人々」を2話収録した森本マガジン無料配布! そしてなんと「ごくせん」1〜3巻、「デカワンコ」1〜2巻も期間限定無料。お見逃しなくぅぅぅ!

平凡の「平」に野グソの「野」

綾瀬はるか主演映画「高台家の人々」の公開を記念して森本梢子作品フェアやっちゃうよ。
「高台家の人々」の面白いとこ、ちょっぴりご紹介〜。

アラサーの冴えないOL平野木絵(ひらのきえ)は妄想癖がある。この妄想がスゴイ。木絵は勝手に妄想し、その妄想で涙を流す。
「昨日ビョーンが死にました。生きている間いいことなんかひとつもなかった。死んだ後で悲しむ者も1人もいません。…中略。可哀想な1人ぼっちのビョーン。」
木絵の悲しい時の乗り越え方は、どうしようもなく悲惨な想像をする事。そして登場したネズミみたいなキツネみたいなビョーン…。…何これ。

そんな木絵と出会うのは、エリートイケメン高台光正(こうだいみつまさ)。光正は人の心が読めてしまう。面白すぎる木絵の妄想と人柄に光正は心奪われる。
現代社会日本と戦うあなたに。心休まる人と出会いたいあなたに。平凡の「平」に野グソの「野」。平野木絵をオススメします!
森本梢子フェア2016年5月30日から6月13日まで。

デカワンコ

警視庁捜査一課・強行犯捜査第6班。検挙率はナンバーワンだが、トラブルも多い。そこにやってきたフリフリ...

試し読み

429円/巻

ごくせん

泣く子も黙る仁侠集団「黒田組」の四代目として生まれ育った山口久美子。ところが選んだ稼業(?)は、なん...

試し読み

751円/巻

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP