【#3】「このマンガがすごい!2016」2位『ゴールデンカムイ』野田サトルインタビュー| 人気漫画家のルーツに迫る! (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このマンガがすごい!WEB

「このマンガがすごい!WEB」×music.jpのスペシャルコラボ企画!「このマンガがすごい!2016」で見事、オトコ編2位にランクインした『ゴールデンカムイ』。作者の野田サトル先生のインタビューを特別掲載します!(全3回)


『ゴールデンカムイ』

 ■インタビュー【#1】【#2】へはページ下部の関連ニュースより遷移いただけます

野田サトル先生 プロフィール

北海道出身。
2003年、「別冊ヤングマガジン」掲載の「恭子さんの凶という今日」でデビュー。
代表作はアイスホッケーに情熱を燃やす高校生を描いた『スピナマラダ!』。
現在は「週刊ヤングジャンプ」にて『ゴールデンカムイ』を連載中。
twitterアカウント:@satorunoda

こだわりは持つ! でも「おもしろければOK」

——いま料理マンガはトレンドというか、かなり流行してますね。

【野田】料理マンガはほとんど興味ありませんでした。好んでは読みません。

——そうなんですか?

【野田】でも『ゴールデンカムイ』では、物語上必要不可欠なものだと思ったので、本気で描いてます。苦手なものを避けていては、いい作品になりませんので。

最新第5巻では、アイヌ料理ではなく、創作料理ともいえる「鯱(シャチ)の竜田揚げ」が登場した。これからどんな料理が登場するのかも楽しみだ!

——苦手だったんですね、それは意外です。

【野田】たとえば、興味ないからといって銃器を描くのに構え方が変だったりするものは手抜きですよね。描くならできるだけ真摯に描きます。

——ただこの作品、アイヌ文化とか明治期の軍装とか狩猟とか、本当にいろいろな要素が出てきます。そういったものを一つひとつ丁寧に描いていくには、資料集めがかなりたいへんじゃないですか?

【野田】現在も連載を進めながら、つねに資料は買い増し続けています。1巻の杉元の軍帽は、今見ると、資料がなかったので下手ですね。

——コミックスの巻末にはすごい数の参考資料が載ってますね。

【野田】あとがきに載せている参考資料は、アイヌ関係だけです。それ以外の資料本はさらに膨大なものになるので、載せきれません。

——細部までこだわって描くのに、とくに苦労している点はどこでしょう?

【野田】当時の生活様式の描写が大変ですね。時代との整合性というか。街にガス灯はどのくらい普及していたんだろうか。照明は石油ランプが主流だったはずだ、とか。

——リアリティを追求している、と。

【野田】でも、あまりこだわりすぎると話の展開が縛られてしまいます。スキーはこの時代にはまだ日本に普及していませんでしたが、ロシアにはすでにあったので、貿易が盛んな小樽には入ってきててもおかしくないはずだ、とか自分に言い聞かせて描いたり。もっとも、スキー板に「ロシニョール」とかブランド名が入っていたら、ツッコまれてもしょうがないですけどね。

リアリティとは、「実際はどうだったか」ではなく、「違和感なく作品に溶けこんでいる」ということなのだろうか。なるほど!

——リアリティラインのサジ加減ですね。

【野田】黒澤明の『用心棒』でも、仲代達矢のスカーフや拳銃は、時代的には無理があったんですが、キャラづけのためにあえてやったという話もあります。「おもしろければOK」というスタンスは、娯楽をつくるうえで大事だと思います。教科書をつくっているわけではないですからね。

次ページ:漫画家・野田サトルの作家的ルーツ>

<<

<

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP