怖いけど止まらない!不条理なデスゲーム漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「デスゲーム」というジャンルがあるのをご存知でしょうか? テレビドラマなどで流行っていた脱出系のジャンルに近いものがありますが、デスゲームは何らかの理由によって、 一か所に集められた人物たちが、主催者から指示された不条理なゲームに、命を懸けて挑むというものです。 今回は、そんなスリルとサスペンス、恐怖を味わえる「デスゲーム」を題材にした漫画をご紹介します。


「神さまの言うとおり」1巻・表紙 (c)金城宗幸/藤村緋二/講談社

いくら神様でも不条理すぎる!「神さまの言うとおり」

「神さまの言うとおり」は、藤村緋二さんの作品です。

第一部・第二部で、主人公は違いますが、集められたメンバーは、人外の存在に不条理なゲームを持ち掛けられます。

ゲームは日常的な運動会や影踏み、棒倒しやしりとりなど、普通にやるなら簡単なゲームですが、仕掛けがあったりするので、一筋縄ではいきません。

登場人物は指示に従わなくても、ゲームに負けても、待つのは「死」。
あっさりと消えるように死んでいきます。

2014年11月には実写映画が公開され、ムービーコミックにもなりました。2015年5月にはDVDも発売されています。

神さまの言うとおり

教室が戦場に! 巨大な謎と圧倒的な恐怖――! 高畑瞬(たかはた・しゅん)16歳、男性。幼い頃から物静...

試し読み

432円/巻

王様の指示に従わないと、罰(死)が下される!「王様ゲーム」

「王様ゲーム」は、原作が金沢伸明、漫画が連打一人の作品です。

ある日の午前0時ちょうど、主人公とクラスメイトに「王様」からの命令が書かれた、メールが届きます。

24時間以内に、その命令に従わないと罰を与えられる、というものでした。

最初はふざけ半分で従っていたものの、内容がエスカレートし、とうとう命令に従わなかったクラスメイトに、罰が下されます。

罰により、次々とクラスメイトが死んでいきますが、王様の目的は一体、何なのでしょうか?

原作は小説なので、そちらもあわせて読むと、面白さが倍増するかも!?

王様ゲーム

ある日、主人公・伸明のクラスの生徒全員あてに、「王様」を名乗る人物から不可解な命令が記されたメールが...

540円/巻

当主になるのも命がけ!兄妹でまさかのデスゲーム!「架刑のアリス」

「架刑のアリス」は、由貴香織里の作品です。

世界有数の財閥である久遠寺家では、毎月家族を集めたお茶会が開かれていました。

そんなある日、この作品の主人公である四女の星(ステラ)が、愛してやまない長兄の是乃(ゼノ)の19才の誕生日にお茶会が開かれます。

その時に、母親の織雅(オルガ)が、「久遠寺家の当主を選別するため、今から兄妹で殺し合いをしてほしい」と、まさかの爆弾発言!

生死をかけたサバイバルゲームの最中、主人公の中で目覚めた、もう一つの人格「血塗れのアリス」。

少女は生き残ることが、できるのでしょうか?

架刑のアリス

さあ、「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」をはじめましょう――。生き残りを賭けた、兄妹同...

試し読み

540円/巻

性転換させられたうえにデスゲームに参加!?「絶望の犯島―100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル」

「絶望の犯島―100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル」は、櫻井 稔文の作品です。

主人公はある意味、自業自得といわれても仕方ないと思います。
元々男性だったのですが、や○ざの会長さんの奥さんと娘さんに手を出してしまって、報復で女性に性転換させられた挙句、性犯罪者ばかり100人集めた無人島に投下されちゃうんです。

しかも、主人公の生き別れになったお父さんがその中にいるとか、最悪の状況です。

犯罪者側と主人公側に解放条件が出され、犯罪者集団VS主人公1人、というすさまじい状況です。

絵柄やエロ・暴力的要素で、好みの別れる作品だとは思いますが、勢いで読めるデスゲーム漫画だと思います。

絶望の犯島―100人のブリーフ男v...

スケコマシの釜島コーゾーは、ヤクザの会長の妻と娘に手を出し、逆鱗に触れた会長によってギャルに性転換手...

試し読み

540円/巻

ゲームの世界が現実に!?孤島でのデスゲーム!「BTOOOM!」

「BTOOOM!」は、井上淳也の作品です。

自宅で「BTOOOM!」というオンラインゲームに没頭していた主人公が、ある日、孤島のジャングルで目覚め、何故そこにいるのか理由もわからないまま、同じように孤島に集められた人達と「BIM」という爆弾を使用した、リアル「BTOOOM!」での殺し合いを強いられる、という不条理なデスゲーム漫画です。

参加者の左腕に楕円形のICチップが埋め込まれていて、自分のものも含めチップを8枚集めると、孤島から脱出できますが、ICチップは参加者の心肺機能が停止するか、手術をして外すしか摘出方法がなく、主催者は殺し合いで奪い合うことを目的としているようです。

オンラインゲームのように1日1回、戦闘を有利に進められるアイテムや、生活に必要な物資が飛行機で投下されたりと、デスゲーム要素だけでなく、サバイバル要素も含んでいる漫画です。

いつもと同じ退屈な日々の繰り返しだった主人公たちが、次の瞬間には非日常的なデスゲームのプレイヤーとなってしまいます。

命がけでゲームをクリアした先には、一体何があるのでしょうか。

BTOOOM!

日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって南海の孤島に連行される。...

529円/巻

いかがでしたか?
もちろんこれ以外にも、デスゲームを題材にした漫画は数多くあります。

そして、デスゲームと一口に言っても、参加者の巻き込まれかたや、目指す目的など、作品の世界観ごとにさまざまなストーリーがあります。

人間の奥深くにある部分を見つける事が、出来るのではないでしょうか。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP