pixivから生まれた人気コミック『ヲタクに恋は難しい』を読むべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イラスト投稿サイト『pixiv』で絶大な人気を集め、さらに2015年4月には待望のコミックスが発売され大ヒットとなった『ヲタクに恋は難しい』(著・ふじた)。その後、2016年版『このマンガがすごい!』でオンナ編1位を獲得するなどその勢いは衰えることを知りません。今回は、そんな『ヲタ恋』を読むべき理由を3つご紹介したいと思います。アニメやゲームヲタクのアナタは必読ですよ。


「ヲタクに恋は難しい」第1巻・著者:ふじた(一迅社)

『ヲタクに恋は難しい』のあらすじ

お茶出しもろくに出来ないダメOL・桃瀬成海は、漫画やゲーム、コスプレなどが大好きないわゆる「ヲタク」。おまけに、BL好きな隠れ腐女子でもある。ある日、ルックスが良くて仕事もできるが重度の「ゲームヲタク」な幼なじみ・二藤宏嵩と再会。とあるキッカケで付き合い始める成海と宏嵩だが、ヲタク同士の恋愛はうまくいかなくて・・・?

ヲタクに恋は難しい

隠れ腐女子のOL・成海(なるみ)と、ルックス良く有能だが重度のゲーヲタである宏嵩(ひろたか)とのヲタ...

試し読み

648円/巻

理由1:みんなが推した「Webマンガ」

『ヲタ恋』は、もともとイラストコミュニケーションサイト『pixiv』に投稿された作品。誰でもパソコンで簡単に読めるWebマンガでした。その後、2014年『本にして欲しいWebマンガ』で第1位を獲得、『pixiv内オリジナルコミックブックマーク数歴代1位』になったことなどをキッカケに知名度を広げ、今に至ります。つまり『ヲタ恋』は読者の推しがあってこその作品。Web上でみんなが読んで「面白い」と発信し続けたから実現した、書籍化なのです。そんな読者の愛がたくさん詰まったこの作品。つまらない訳がない...!! ぜひコミックスで『ヲタ恋』読者の愛を、確かめてみては?

理由2:ヲタクあるある!? 共感する場面が盛りだくさん!!

読者から沢山の支持を集めたのは、著者・ふじたが描く「ヲタク」なキャラクターたちに読者自身が共感できるからだと思います。自分がヲタクであることを隠している成海。ゲームに何よりも熱い情熱を注いでしまう宏嵩。他にも、自分の好きなアニメキャラクターについて議論したり、イベントの原稿作成に奮闘したりとヲタクなら共感してしまうエピソードが数多く描かれています。会話の中で突然現れるアニメネタ、ヲタク用語など、ヲタクならではの「あるあるネタ」は、思わず笑ってしまうかもしれません…!!

理由3:恋をしたいヲタク女子の理想!? 恋のエピソードにドキドキ

もちろん、ヲタク同士で付き合い始めた成海と宏嵩の恋模様も気になるところです。しかし『ヲタク』となると、自分の趣味を優先にしてしまい、まじめな恋愛ができません。「好き」と言ったつもりでも、それは大きな勘違い。相手からの気遣いがあっても、やっぱり趣味を一番に考えてしまう。でもそれは、お互いのことを信頼しあっているから許されるのかも? 幼なじみで、子供の頃ずっと一緒だった成海と宏嵩は、果たして「ヲタク同士」からまじめな「恋人同士」になれるのでしょうか。また、成海の友人・小柳花子と宏嵩たちの先輩・樺倉太郎の少し喧嘩気質なカップルにも注目。こちらもヲタク同士ですが、お互いに面倒くさいところがあるようで...? 成海と宏嵩、小柳と樺倉。あなたは、どちらの恋を応援しますか?

ヲタク同士の恋愛をテーマにした異色作品。アニメやゲームの普及で自らをヲタクと名乗る人が増えている現代、誰もが憧れる恋愛をリアルに描いた胸キュンストーリーとなっています。「私はヲタクだ」という人も、「ヲタクとは程遠い」という人も、不器用な恋に夢中になること間違いなし!! 共感しながら読む新しい恋愛マンガです。興味のある方は、一度読んでみてくださいね。恋をしたくなるかもしれません。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP