【大人女子のマンガ便り#7】 「幽★遊★白書」 塙さより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塙さより

はいっ! こんにちは。三回目の登場、塙さよりです! わたしは最近身体を動かすことが楽しく、調子が良いのでご機嫌ルンルン♪ もしもジムで、フチ太の丸眼鏡かけて、ハムスターのように走るおチビを見かけたら…、それは、私かもしれません。笑 それでは、第7回大人女子のマンガ便り。フィジカルに!? いってみましょう!!


塙さより (c)株式会社ウイントアーツ

「なんだ、これっ」

1990年〜1994年にかけ、週刊少年ジャンプにて連載されていた「幽★遊★白書」。
テレビアニメも大人気を博した、『ジャンプ黄金期』の作品ですね!

私は中学生の時両親に頼み、誕生日に「幽★遊★白書」の単行本を、中古で全巻そろえてもらいました!
懐かしい思い出です 笑。
中古は、初版を手に入れられるので大好きなんですo(^-^)o
また、「幽★遊★白書」は、私の大ファンの女優・歌手、戸川純さんに出逢わせてくれた大切な作品でもあります。

「試し読み」をご利用する場合、画面の左右をタップすることでページの移動が可能です。

幽★遊★白書

教師も手をやく不良の浦飯幽助。ある日子供を助けて事故にあい、幽霊になってしまう。予定外の死に閻魔大王...

試し読み

400円/巻

…ある日子供を助けて交通事故に遭い、幽霊となってしまった超不良中学生・浦飯幽助。
生き返る為の試練として"霊界探偵"となり、数々の事件を解決したり強大な敵と闘う数奇な冒険物語…な、の、で、す、が!!

塙さより (c)株式会社ウイントアーツ

はじめのころは、王道のバトル系マンガなのかしらん? と思って読んでいたんです。
しかし進んでいくにつれ… 『あっこれ、普通と、ちがうぞ…』
…さよりセンサーがビビっ! と、激しく反応したのです。笑
具体的には物語後半、「仙水編」あたりから。
連載当初とは方向性がグッと変わり、作者である冨樫義博さんご自身が濃く見えてくるようになるというか…
ウ〜ン、生意気いってすみません!
うまく表現できないのですが、内容は魔族と人間の道徳的な部分にも踏み込まれてゆき、重さを増していくんです。
それぞれのキャラクターが、より、深く掘り下げられていく。
そこで、"冨樫先生"が滲み出てくる。笑
この「滲み出てる感」が、読んでいてすごく心地よかったんです。

塙さより (c)株式会社ウイントアーツ

一般的なバトルマンガとは決定的にちがう、ある種の冷ややかさに夢中でした。

ちなみにキャラクターでは、仙水が1番好きです!
戸川純さんを知れたのも、仙水と、そのパートナーの樹(いつき)の会話がきっかけでしたから!

『明日"ヒットスタジオ"に戸川純が出る』

「幽★遊★白書」全175話の中で 1番、印象に残っている台詞です。

(C)株式会社ウイントアーツ

そして忘れちゃいけない!!
アニメの、“歌”ッ!!

「微笑みの爆弾」 「さよならbyebye」 「太陽がまた輝くとき」…etc。
「幽★遊★白書」のアニメOP・ED曲はまあ〜〜…名曲ぞろい!!
カラオケに行くと必ず歌います!
…ああ〜〜っ!!! また読みたくなってきたァ!

さあ、みんな一緒に読むっきゃナイナイ!!

それでは次回もお楽しみにね♪

■バックナンバー

【塙 さより(はなわ さより) プロフィール】

塙さより (c)株式会社ウイントアーツ

女優
生年月日:1996.3.25

昭和の音楽に酔い、蝉の抜け殻をこよなく愛する19歳の新人女優。
舞台「The Blue Than Blue」では貧しい老婆にも扮しストレートからコントまであらゆる役を演じる。
絶対音感の持ち主でピアノはマスタークラスに在籍していた。

塙さより (C)株式会社ウイントアーツ

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP