「名探偵コナン」だけじゃない!青山剛昌の凄みが分かる3作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「真実はいつも1つ!」という決め台詞で、次々と難事件を解決していく「名探偵コナン」。 その作品は長寿ですよね。 作者、青山剛昌さんの面白い作品は、ほかにもあるんですよ! 今回は、そんなおもしろい作品をご紹介します。


「まじっく快斗」1巻・表紙 (c)青山剛昌/小学館

コナンくんの永遠のライバル!

最初にご紹介するのは「まじっく快斗」です。

この名前、「名探偵コナン」のファンであるなら、ご存知かと思いますが、主人公は黒羽快斗です。

彼は、天才マジシャンである父の影響を受けて、自分もマジシャンになります。
しかし、父親がマジック中の事故で死んでしまい、その事故死に疑問を抱いた彼は、「怪盗キッド」として父親の跡を継ぐのです。

マジックをあやつり、華麗に盗む彼に、思わず心を奪われてしまうかもしれません。そして、怪盗キッドだからこそ許される、気障なセリフや登場も魅力の一つです。

父親の死の真相を知るために、怪盗キッドを続けていくのですが、彼が求める真相にたどり着けるのはいつなんでしょうか?!

コナンのパラレルワールドとしても楽しめますし、この作品だけでも、十分に楽しめますよ。

まじっく快斗

世紀の宝物を予告通りに手中し、闇から闇へと消え去る紳士・怪盗キッド!! 見事なマジックで名刑事らの裏...

試し読み

432円/巻

ちびっこ剣士の冒険物語!

続いてご紹介するのは「YAIBA」です。

「名探偵コナン」よりも前に連載しており、主人公は父親、剣十郎と、ジャングルで修業を積む少年剣士、ヤイバです。

実はこの作品、「名探偵コナン」の中にも息づいており、「仮面ヤイバー」という特撮ヒーローとして登場するのが、この主人公ヤイバなのです。

ジャングルで育った少年が、日本の学校に通うことで起こるハプニングが面白過ぎます。

巻を重ねていくごとに主人公が成長していくので、いつまでも小学一年生のコナンくんとは、違う魅力が溢れています。

長さもちょうど良いという点もお勧めです。

YAIBA

父・剣十郎とともにジャングルで修行にはげむ型破りの少年剣士…その名もYAIBA(ヤイバ)! そして今...

試し読み

432円/巻

後に「名探偵コナン」に繋がる野球物語

最後にご紹介するのは「青山剛昌短編集 4番サード」です。

主人公はどこにでもいる野球好きな高校生。
ただ1つ違うのは、あの「長島茂雄」を同姓同名ということなんです。

自分が名前負けしていることに悩んでいると、ある日、老人から「どんな球でも打てるようになるバッド」を貰います。

これにはベーブルースのバッドと名前がついていて、ユニフォームのポケットに小銭を入れなくてはいけない、というルールがあります。

野球漫画なんですが、あり得ない設定の野球漫画で、ファンタジーの要素も多い作品になっています。

青山剛昌さんの初期作品ではありますが、「名探偵コナン」の43巻に、ゲスト出演として、主人公長島茂雄くんが登場するなど、知っていると楽しい作品となっています。

コナンくんが好きなあなたなら、ぜひ一読の価値あり!です。

青山剛昌短編集 4番サード

“ミスタージャイアンツ”長嶋茂雄と同姓同名というだけで、野球下手なのに4番バッターにまつりあげられて...

試し読み

540円/巻

ご紹介した作品は、どこかで「名探偵コナン」と繋がっていて、とても興味がわきますね。

「名探偵コナン」の世界観をもっと楽しむためにも、他の作品を手にとってみてはいかがでしょうか?
色々な発見があるかもしれませんよ。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP