北海道が生んだ偉大な漫画家!荒川弘のおすすめ漫画はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒川弘の漫画には、どの作品にも「力強く生きる」ことが、描かれています。 どんなに苦しくても、受け止めなければいけない現実に立ち向かってゆく強さが、 漫画を通して得られるでしょう。 そんな荒川弘のおすすめ作品を4つ、ご紹介いたします。


「鋼の錬金術師」1巻・表紙 (c)荒川弘/スクウェア・エニックス

「銀の匙 Silver Spoon」に溢れる生命力!

食とは、生きるとは、生きる為には、の3大メッセージを、荒川弘が伝えます。

農業高校を舞台に、人間の根っこの部分にある、大切なことに気づかせてくれる作品です。

ゆっくりと、丁寧に生きていくための知恵を散りばめと、キャラクターの成長を描いています。

そんなメッセージ性の強い、酪農科高校生たちの青春ストーリーですが、社会人でも役立つ要素が詰まっている作品だと思います。

銀の匙 Silver Spoon

超ヒット作『鋼の錬金術師』の荒川弘の最新作!大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が...

432円/巻

失ったものを取り戻す旅「鋼の錬金術師」

荒川弘の描く冒険物語「鋼の錬金術師」は、錬金術を操る兄弟が、失ったものを取り戻す冒険漫画です。

「得るものがあれば、同じだけ失うものもある」

そんな人生の法則を、錬金術を通して強くなってゆく兄弟や、登場人物が教えてくれます。

子供に大人気な漫画としても有名ですが、大人も楽しめる、奥深いテイストだと言えるでしょう。

鋼の錬金術師

兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦...

試し読み

463円/巻

SF小説家原作の漫画化!「アルスラーン戦記」

人はどこまで強くなれるのか?
「アスラーン戦記」の原作者は「銀河英雄伝説」や「タイタニア」の作者として有名な、SF小説家の田中芳樹先生、漫画は荒川弘です。

二人の作家が織りなす壮大なストーリーは、相乗効果を生んで、さらなる高みに向かい、読者の想像の域を、やすやすと超えてゆきます。

壮大なスケールで、歴史ファンタジー漫画が描かれており、繊細に物語は進んでゆきます。

小説から読んでも、漫画から読んでも、ファンタジー世界を大いに楽しめますよ。

アルスラーン戦記

国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく...

試し読み

432円/巻

荒川弘先生の前職はなんと農家!「百姓貴族」

荒川弘の実家は、酪農と畑作の両方をやっていたので、作品の中の生きる為のヒントには、説得力があります。

食べなければ、人は生きていけません。
でも、好き嫌いや文句を言う人が増えていて、作者は自身の作品の中で嘆き、熱く叫んでいます。

「百姓貴族」は、「農家の苦労と意地を知ってほしい」と願う、荒川弘の想いが伝わります。

笑いの中に、厳しさと切なさも詰まっており、学ぶことができる漫画ですので、生きていく上で役立つ作品となるでしょう。

百姓貴族

「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。 マンガ家になる前は、北海道で七年間農業に従事していた荒川弘。...

540円/巻

荒川弘は、プライベートなご趣味の範囲として、愛してやまないのがB級映画なのだそうです。たまらない魅力があると、力説されています。

漫画のほうにも、その趣味が存分に発揮されているといえましょう。
B級映画の「なんだこれ」と感じながらも、最後まで見てしまうような漫画を目指しているのだと「鋼の錬金術師」に、書いていらっしゃいました。

ファンならずとも、うなづけるコメントですね。
そんな荒川弘の魅力を漫画を通して、知ってもらえたらと思います。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP