みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 5003

又吉が執筆した小説、火花の文中から名言とも思える文章ランキング

又吉が、初の作家デビューを果たした小説「火花」で名言とも捉えられる文章を紹介してください。

投票総数
1392

投票
終了

1

笑われたらあかん、笑わさなあかん。
投票ありがとうございました

406

芸人としては、かっこいい言葉ですね。こうありたいという気持ちが、強く感じます。

2

漫才は本物の阿保と自分は真っ当であると信じている阿保によってのみ実現できるもんやねん
投票ありがとうございました

253

漫才を、真っ向から神業だと示している文章ですよね。引き込まれます。

3

大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた
投票ありがとうございました

109

冒頭の文章ですが、季節感を感じる雰囲気と力強いものを感じられますね。

4

投票ありがとうございました

103

徳永が神谷に言われた言葉ですが、ここから何かが始まるって思いました。

5

自分がテレビ出てやったらよろしやん
投票ありがとうございました

87

先輩に対する後輩の言葉で、冷たくも感じましたが実力の世界だからっていうのも思い知らされました。


1~5件 / 5件中