みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 86

歴代作品も要チェック!の芥川賞。90年代の芥川賞受賞作品ランキング

数えきれないほどある名作!ここで1990年代の芥川賞受賞作品を振り返る!

現在の投票数
0

1

「蛇を踏む」はどや
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

蛇を踏むなんて経験はそうそうなさそうな物だよな。
そもそも、日常では蛇を見る機会はほとんどないんだが。とにかく引き込まれる文章だった。

第115回(1996年上半期)受賞作品。蛇を踏むってタイトルは、今の時代だったらYOUTUBE動画とかに投稿されていそう(笑)

2

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

偽善をテーマに書かれた小説かと。
宗教・暴力・性をを通して、書かれた文章は冷徹でいて、まとまりのある読みやすくて引き込まれる文章だった。

もうひとつの第119回(1998年上半期)受賞作。自分はこっちが好きでした。ブエノスアイレスの方が好きだったっていう人が周りには多かったけど。。。

3

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

具体的に何処が素晴らしくって、どの辺りが好きかは説明できないけど、何度も繰り返し読みたくなる本である事は間違いない。

第119回(1998年上半期)受賞作品の一つ!この年も2015年と同じくしてW受賞だったんですよね。

4

漢字が多い。
その為、読み解くのに苦労して文章自体を純粋に楽しめない状況だったな。

第120回(1998年下半期)受賞作品。当時は最年少受賞者でしたね。若いのにかなりディープかつエグイ表現だと当時は思いました。

5

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

終戦前後を必死に生き抜いた家族の実話。
満州から日本へ帰国するための厳しくも過酷な道程は呼んでいて胸が痛くなった。

20世紀最後の受賞作品でしたね。「蔭の棲みか」とWで受賞されてたあたりが今年の芥川賞とかぶるね。


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加