みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 89

今年は又吉さん効果で大注目だった芥川賞!2010年代の芥川賞作品ランキング

「火花」は色々な意味で話題の一作でした。大注目の芥川賞の歴代作品ランキング2010年代VERで!

現在の投票数
0

1

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

"冥土"(過去)を巡りながら、自らを振り返っていく母親。
色んな家族の形があるんだなと、実感。

夫の障害認定を機に、母と弟より搾取され続ける依存関係の解消を目指す話ー。
お金ないなら我慢すればいいのにねww

第147回(2012年上半期)芥川受賞、受賞作品。家族を描いた感動の名作デス!

2

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

横書きで綴られているので、非通常の書籍を読むものには読み辛いことこの上ないんじゃないかな。
主語と述語も複雑に絡んでいて、とにかく内容が入ってこない。

読み辛い事この上ないww
平仮名ばっかりじゃなくて漢字を積極的に使って頂きたい所w

第148回(2012年下半期)芥川賞・受賞作品。小説の書き方が超実験的で、当時もその斬新な試みが話題になりました。

3

小説

小山田浩子

小山田さんの「穴」
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

平穏と不穏、日常と非日常が混在しながらも、バランスが崩壊することななく展開していく絶妙さ。
不思議なものが多数登場するからなのか、リアルなのにファンタジーを呼んでいるような感覚になる。

季節の変わり目と言うか、憂い?哀愁?のようなものが漂った文章に思えたww

第150回(2013年下半期)芥川賞・受賞作品。平凡な日常と、その合間に顔を覗かせる異界との対比が独特な世界観を醸し出してます。

4

小説

春の庭

柴崎友香

春の庭です
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

西の執着心も恐ろしくはあるけど、それよりも主人公が部屋をソファーで一杯にした事の方がゾッとしたな。みんな心に闇を抱えてるんだな。

風景描写が多いからか、読み薦めるのが少々疲れてしまったww
まぁ、時間が有る人にはオススメな感じかなvv

第151回(2014年上半期)芥川賞・受賞作品。普段当たり前のことが、いとおしく思えるような、すばらしい内容です。

5

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

表題の意味には最後で納得。
物語自体の雰囲気は、非現実的でありながらも深みの有る程よい読み応えの作品だった。

第152回(2014年下半期)芥川賞・受賞作品。「親子ってすばらしい」と思える、切な感動をくれる作品です。


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加