みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 63

「夜の国のクーパー」のように作中に猫が出てくる小説ランキング!

伊坂幸太郎さんの『夜の国のクーパー』は、作中に猫とねずみを登場させています。
このように、作品中に猫が出てくる小説のランキングです。

現在の投票数
0

1

ねこの首輪に手紙を挟んで文通をする。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

本作には猫が出てこないお話がほとんどですが、全て読むと心が優しくなれます。

2

中年夫婦と子猫のお話。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

温かいお話ではなく、ホラーやサスペンスのような黒いお話です。

3

最後はずっと泣けます。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

絵本もあるようです。何気ない猫と主人公のやり取りに、猫を飼っている人には覚えがあるはず。

4

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

SF好きにもおすすめです。だいぶ昔に作られたのに、現代でも全く古く感じません。

5

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

運命を自分のものとして受け入れようとしているところが偉いです。


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加