みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 20

実際に探偵として勤務していたことのある「江戸川乱歩」の作品をランキング

大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家「江戸川乱歩」の作品を集めました。

現在の投票数
0

1

特異な暗号コードによる巧妙なトリックを用いた処女作「二銭銅貨」、苦痛と快楽と惨劇を描いて著者の怪奇趣味の極限を代表する「芋虫」、他に「二癈人」「D坂の殺人事件」「心理試験」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

3

収録作品:人間椅子 D坂の殺人事件 屋根裏の散歩者 押絵と旅する男 鏡地獄 パノラマ島奇談
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

4

本格探偵小説のみならず、幻想回帰小説、犯罪小説、少年小説、評論など数多くの傑作を執筆
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

5

まことに油断のならない「観察眼」で人間を見詰め、それを我が「想像力」の中で無限の怪しき夢に繰り広げて行く。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加