みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 101

文系の人でも読みやすい!?気軽に読める脳を科学した本ランキングです。

人間はなぜ、楽しいことや気持ちのいいことをやめられないのか。
アルコール、ギャンブル、ひいてはドラッグなどの依存症も、褒められたり、目標を達成したりしたときの快感も、実は同じ脳内物質ドーパミンが作用していた!
人間の脳の不思議に迫る話題の脳科学本。

現在の投票数
50

1

生物学者・沢口俊之と阿川佐和子による脳をテーマした対談集。
フェロモンのピークはいつ?ヒップとウェストの理想のサイズは?脳が大きいと本当に頭がいいのか?など、科学に馴染みのない人でも楽しく読めて、知識も深まる一冊。
投票ありがとうございました

8

あと

10

1

あと

10

2

元は肥満だったという著者が、精神科医としての知識と視点で、医学的根拠に基づいたダイエット方法を伝授。
もうダイエットで失敗したくない人必読!
投票ありがとうございました

6

あと

10

2

あと

10

3

何事もスピーディに決断し、すぐに行動に移せる「すぐやる人間」と、考えすぎてなかなか決断できず、行動に移せない「すぐやれない人間」。
仕事で結果を出せるのは「すぐやる人間」であることは誰の目にも明らか。
では、両者の違いはどこにあるのか?
そこには脳の働きが大きく関係しているのだった。
この本を読めばあなたも「すぐやる人間」になれるはず!
投票ありがとうございました

6

あと

10

2

あと

10

4

人間はなぜ、楽しいことや気持ちのいいことをやめられないのか。
アルコール、ギャンブル、ひいてはドラッグなどの依存症も、褒められたり、目標を達成したりしたときの快感も、実は同じ脳内物質ドーパミンが作用していた!
人間の脳の不思議に迫る話題の脳科学本。
投票ありがとうございました

6

あと

10

2

あと

10

5

男性には理解できない女性の言動や振る舞い、女性には納得いかない男性の考え方や行動。
それらは男女の脳の違いが生み出すものだった。
脳の違いを知ることで、家族、恋人、同僚とよりよい人間関係が築けるはず。
投票ありがとうございました

6

あと

10

2

あと

10


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加