みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 87

「戦争」を扱った書籍ランキング。戦後70年の今だから読もう。

戦争についてちゃんと考えたことってありますか?
戦争を扱った書籍を集めました。
戦後70年の今だからこそ、読むべきだと思います。

現在の投票数
0

1

強力な統率力と強靭な抵抗精神でイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導き、戦時政治家として...
第二次世界大戦を日本人以外の視点でも客観的に見れるので、とても参考になります。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

2

戦前の日本軍のイメージとして、「精神主義」「白兵思想」がよく挙げられるが、果たして本当だろうか...

悲しいかな、戦争とはテクノロジーの見本市になっていたのは歴史的事実。皮肉にも戦争で使用された事によって、技術革新が生まれたものもあり、何ともいえない気分になる。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

3

「君達の指導者は嘘つきだ!」「馬鹿共眼ヲ醒マセ」。兵たちの太平洋戦争。
太平洋戦争で撒かれた無数の伝単(宣伝ビラ)から、兵にとっての「戦争」を明らかにするという斬新な内容で実に面白い。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

4

戦後70年、語り継ぎたい痛烈な記憶! 当事者たちによる渾身の記録!
戦争の事実は当事者しかわからないので、こういった記録は貴重。忘れてはならない事件を改めて確認するための、貴重な書籍。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

5

歴史・時代

大東亜戦争 敗北の本質

杉之尾宜生

なぜ日本は大東亜戦争に敗れたのか。情報・対情報・兵站の軽視、そしてそれを招いた科学的思考の欠如...
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加