みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 499

よく聞くけど松下幸之助の「道をひらく」ってそんなにいいの?そんな方に知ってほしい名言集☆

よく聞くけど松下幸之助の「道をひらく」ってそんなにいいの?そんな方に知ってほしい名言集です☆

現在の投票数
0

1

逆境は尊い。しかしまた順境も尊い。要は逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。
素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚(うぬぼれ)を生む。

ビジネスシーンで悩むことも多いと思いますが、素直でいるのが一番いいようです。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

2

自分の周囲にある物、いる人、これすべて、わが心の反映である。わが心の鏡である。すべての物がわが心を映し、すべての人が、わが心につながっているのである。……もうすこし、周囲をよく見たい。もうすこし、周囲の人の声に耳を傾けたい。この謙虚な心、素直な心があれば、人も物もみなわが心の鏡として、自分の考え、自分のふるまいの正邪(せいじゃ)が、そこにありのままに映し出されてくるであろう。

周りは自身の鏡です。いやな人が多いと思ったら、まずは自分を見直してみてはいかがですか?
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

3

わからなければ、人に聞くことである。己のカラにとじこもらないで、素直に謙虚に人の教えに耳を傾けることである。

一番簡単ででも簡単にできる人は少ないと思います。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

4

人の人生は、90パーセントまでが、いわゆる人知を越えた運命の力によって、すでに設定されているのであって、残りの10パーセントぐらいが、人間の知恵、才覚によって左右されるといえるのではなかろうか。
こういうものの見方考え方に立てば、得意におごらず失意に落胆せず、平々淡々、素直に謙虚にわが道をひらいてゆけるのではなかろうか。

謙虚でいるためのヒントです。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

5

志を立てよう。本気になって、真剣に志を立てよう。生命をかけるほどの思いで志を立てよう。志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい。
志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ずひらけるのである

失敗したら…で逃げてしまう方も多いと思いますが、志を立てることは大事だと思います。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加