洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光 森田創

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

著者
森田創
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年02月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光のあらすじ

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。今年2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。「悲劇の球場」の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。

1,296円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光の注目の投票ランキング

PAGE
TOP