風立ちぬ(下)風の市兵衛 辻堂魁

風立ちぬ(下)風の市兵衛

著者
辻堂魁
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風立ちぬ(下)風の市兵衛のあらすじ

謎の祈祷師盗賊団は旗本・桜井長太夫の芸者・歌(うた)への執着を巧みに利用して、江戸音羽(おとわ)の花街を取り締まらせると、同時に付け火で町方を混乱させ、金座(きんざ)を襲撃、大強奪を果たした。その夜、混乱のなか歌が失踪。市兵衛は捜索に乗り出すが、面目を失った奉行所も悪党一味の捕縛に躍起になった。やがて、市兵衛に迫る托鉢僧が実は剣術の兄弟子・真達で、その目的が市兵衛誅殺と判明するが……。卓抜の構想で放つ、大人気「風の市兵衛」シリーズ空前の大作(上・下2巻)!これまで語られなかった市兵衛の瞠目の過去も明らかに!

605円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

風立ちぬ(下)風の市兵衛のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP