「育つ土」を作る家庭菜園の科学 有機物や堆肥をどう活かすか 木嶋利男

「育つ土」を作る家庭菜園の科学 有機物や堆肥をどう活かすか

ジャンル
科学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「育つ土」を作る家庭菜園の科学 有機物や堆肥をどう活かすかのあらすじ

作物を育てるうえで大切なのが「土作り」。家庭菜園では、プロの農家と違って広い農地面積は望めないため、限られた畑で少量多品目の野菜類を作ることになる。そのため、プロの農家が単品目で行う土作りではなく、家庭菜園ならではの土作りが必要。たとえば、有機物や堆肥の上手な施用はとても大切。また、時間と空間を利用した間作、連作、混植のメカニズムも理解したい。「ふしぎな土の世界」を解説する。(ブルーバックス・2014年12月刊)

928円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「育つ土」を作る家庭菜園の科学 有機物や堆肥をどう活かすかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

「育つ土」を作る家庭菜園の科学 有機物や堆肥をどう活かすかの注目の投票ランキング

PAGE
TOP