北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大 山内進

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大

著者
山内進
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2020年12月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大のあらすじ

【サントリー学芸賞受賞作 1998年度 思想・歴史部門】 11世紀、聖地エルサレムの奪還をはかった十字軍。そして中世、ヨーロッパ北方をめざす、もう一つの十字軍があった。教皇の名のもと、異教徒を根絶すべく残虐のかぎりを尽くすドイツ騎士修道会を正当化した思想とは何か? ゲルマンとスラブの相克から大航海時代までも展望し、ヨーロッパ拡大の理念とその矛盾を抉り出す。(講談社学術文庫)

1,265円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP