天皇になろうとした将軍 それからの太平記 足利義満のミステリー 井沢元彦

天皇になろうとした将軍 それからの太平記 足利義満のミステリー

著者
井沢元彦
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 人文・社会科学 日本史
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇になろうとした将軍 それからの太平記 足利義満のミステリーのあらすじ

足利義満の秘められた野望を明らかにする なぜ戦乱記を「太平」記と記したのだろうか? 後醍醐天皇の「遺言」に秘められたこととは。金閣寺に塗り込められた足利義満の「野心」。金閣「寺」の命名に秘められた義満「暗殺」の真相。義満暗殺の「実行犯」と「大文字焼き」の秘密…。日本史上かつてないほどの戦乱の世、下克上はびこる南北朝の時代とは現代の写し絵ではないか。"目からウロコ"の井沢流、歴史謎解きの冴えが光る。

507円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

天皇になろうとした将軍 それからの太平記 足利義満のミステリーのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP