金子光晴 金花黒薔薇艸紙 金子光晴(著)/桜井滋人(聞き書き)

金子光晴 金花黒薔薇艸紙

ジャンル
文芸 小説 エッセイ・随筆
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金子光晴 金花黒薔薇艸紙のあらすじ

詩人・金子光晴が最晩年に語った極彩色のザンゲ 詩人金子光晴最晩年の性の実相を表現した、桜井滋人の聞き書きによる物語。エロチックな夢と現実のはざまを行き来する妄想を忠実に文章化、何度も結婚と離婚をくりかえした森三千代の目からかくれ、多くの女と逢瀬を楽しんでいる。虚と実の境目が融け、夢物語のように見えるが、社会に対する詩人の視線は衰えず、鋭い。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

金子光晴 金花黒薔薇艸紙のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

金子光晴 金花黒薔薇艸紙の注目の投票ランキング

PAGE
TOP