私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意 金子兜太

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意

著者
金子兜太
出版社
幻冬舎
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意のあらすじ

「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います--」 「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」 御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが大正昭和平成にわたって過ごした日々から溢れた本音を俳句とともに語ったエッセイ。 これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。

864円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP