<織田信長と浅井長政>二者択一に迫られた長政の決断 小和田哲男

<織田信長と浅井長政>二者択一に迫られた長政の決断

著者
小和田哲男
出版社
学研
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<織田信長と浅井長政>二者択一に迫られた長政の決断のあらすじ

近江国北部三郡にその領国を展開した浅井氏。浅井三代の一人、長政の時代、浅井氏は急成長をとげ、遂に尾張の織田信長と同盟を組むにいたった。ところが、足利義昭と信長の対立が思わぬ事態を呼びよせる。信長の片腕にもなりえた長政“裏切り”の必然性とは。

104円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

<織田信長と浅井長政>二者択一に迫られた長政の決断のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

<織田信長と浅井長政>二者択一に迫られた長政の決断の最新書籍ニュース

2016年10月05日 更新

PAGE
TOP