<織田信長と浅井長政>信長の婚姻政策とお市の運命 小和田哲男

<織田信長と浅井長政>信長の婚姻政策とお市の運命

著者
小和田哲男
出版社
学研
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<織田信長と浅井長政>信長の婚姻政策とお市の運命のあらすじ

戦国一の美女、織田信長の妹お市。近江の大名浅井長政に嫁いだお市だが、その結婚年次については諸説ある。そしてその時期の違いは、織田・浅井同盟の意味を、大きく左右するのであった。お市の婚姻と同盟の意義を、当時の状況と史料から再検討する。

104円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

<織田信長と浅井長政>信長の婚姻政策とお市の運命のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP