夢魔とヴァンパイアの夜 ディライラ・デヴリン/清水由貴子

夢魔とヴァンパイアの夜

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢魔とヴァンパイアの夜のあらすじ

◆私は夢魔。ファックしている最中の女の意識下に潜り込み、快感を吸い取る能力を持つ。女の体を利用して、女が感じているオーガズムを感じ、私が男とファックするのだ。今夜も私は、アパートメントの隣の住人の意識のなかにいた。この女は、たくましくて手脚の長いいい男を、いつも連れ込んでいるのだ。すでに女はしとどに濡れ、早くイキたくてたまらないようだ――そして私も。男はいやらしく舌を滑り込ませ、貪るようにキスをした。女と――私と。蜜が溢れるプッシーはぴくぴく震え、男の挿入を待ち受けている。男は私の首筋に鼻を擦り寄せ、湿った舌で舐めまわす……ふいにうめき声とともに歯が当たり、男の口が皮膚を強く吸ったかと思うと、次の瞬間、刺すような鋭い痛みを感じた。私は咬まれていた、人間ではない何者かに。

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

夢魔とヴァンパイアの夜のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP