<明智光秀と戦国時代>変わる武士たちの倫理観 小和田哲男

<明智光秀と戦国時代>変わる武士たちの倫理観

著者
小和田哲男
出版社
学研
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<明智光秀と戦国時代>変わる武士たちの倫理観のあらすじ

自分の能力を引き出さない主人を裏切ることは当たり前。かつて戦国武士は、傭兵だった。「下剋上」が当然とされた世界はしかし、いつしか変わってしまい、「二君にまみえず」、一人の主人に仕え続ける美学へと反転した、その現場を探し当てる。

104円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

<明智光秀と戦国時代>変わる武士たちの倫理観のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

<明智光秀と戦国時代>変わる武士たちの倫理観を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP