往生しなはれ 沖田正午

往生しなはれ

著者
沖田正午
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2014年10月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

往生しなはれのあらすじ

仇を討ち損じても、あきらめずにいると、またも絶好の機会が!     菅生十兵衛は藩主お抱えの忍びだったが、藩主自裁を受けて藩は改易、浪人になった。藩主を切腹に追い込んだ敵を討つべく江戸に出て、悩み相談を請け負う「陰聞き屋」なる隠れ蓑のもと、手下とともにその機会を狙っていたが、討ち損じてしまう。この次はと手ぐすね引くうちに、またとない機会が訪れ、十兵衛渾身の仕掛けと根回しに、ついに悲願の仇討ちの日がきたのだが……。 何事にもめげない十兵衛と仲間たちのユーモアシリーズ!第3弾

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

往生しなはれのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP