哀愁の町に霧が降るのだ(下) 椎名 誠

哀愁の町に霧が降るのだ(下)

著者
椎名 誠
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

哀愁の町に霧が降るのだ(下)のあらすじ

青春小説の名作、ついに復刊! ああ、いいなあと思ったのだ。 私もこんなふうにはちゃめちゃに暮らして、馬鹿なことをして笑っていたいって。 椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、イサオの四人は、相変わらず「克美荘」の暗く汚い六畳の部屋で、共同貧乏生活の日々を送っていた。 しかし、それぞれが徐々に自分の生活を確立していくにつれ、四人が揃うことは少なくなっていく。そして、共同生活にもついに終わりの時が訪れた。 沢野が去り、木村は司法試験の勉強のために実家に戻り、業界新聞社に就職した椎名も、次第に克美荘から足が遠のいていった――。 自身のまわりを怪しく徘徊する魅力的な人々を、椎名誠が生き生きと描く傑作長編。 書き下ろしのあとがきを収録。

734円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

哀愁の町に霧が降るのだ(下)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP