シナリオ仁義なき戦い 仁義なき戦い 広島死闘篇  代理戦争  頂上作戦 笠原和夫

シナリオ仁義なき戦い 仁義なき戦い 広島死闘篇 代理戦争 頂上作戦

著者
笠原和夫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シナリオ仁義なき戦い 仁義なき戦い 広島死闘篇 代理戦争 頂上作戦のあらすじ

昭和22年、復員後ぶらぶらしていた広能昌三(菅原文太)は闇市で暴れる男を射殺、刑務所送りになったことから暴力社会に身を置く。以来20年、血で血を洗う、広島ヤクザ抗争の火蓋が切って落とされた。暗殺、裏切り、復讐、非業の死、力の均衡のみならず、暴力の抒情、男女の愚かしさまでを活写し、戦後日本の現実と人間を描ききったアウトロー映画の傑作。 ※閲覧する環境によっては、収録画像に網がかかったように表示される場合があります。予めご了承ください。

627円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

シナリオ仁義なき戦い 仁義なき戦い 広島死闘篇 代理戦争 頂上作戦のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP