堕落論・日本文化私観 他22篇 坂口安吾著

堕落論・日本文化私観 他22篇

著者
坂口安吾著
出版社
岩波書店
ジャンル
文芸 小説
配信日
2015年10月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

堕落論・日本文化私観 他22篇のあらすじ

昭和21年4月に発表された「堕落論」によって,坂口安吾は一躍時代の寵児となった.処世術などクソ食らえ.自分にとって恥しくない内なる自己.他者などではない,この〈自己〉こそが一切の基準だ.それと戦い続けること.作家として生き抜く覚悟に貫かれた安吾の視線は,物事の本質にグサリと突き刺さる.(解説=七北数人)

946円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

堕落論・日本文化私観 他22篇のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

堕落論・日本文化私観 他22篇を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP