貴腐 みだらな迷宮 藤本ひとみ

貴腐 みだらな迷宮

著者
藤本ひとみ
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2016年05月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴腐 みだらな迷宮のあらすじ

フランス革命の激動のなか、貴族社会で昼夜くりひろげられる性の宴。夫がいながら生娘のままでいる純真な令夫人ジュリエットは、その格好の生贄。策略家の侯爵夫人のシナリオ通り、悲劇と喜劇を味わうはめに──(表題作)。性愛遊戯に身をやつす淫蕩な14歳の未亡人と、その伯母で、老いてから性の悦楽を知った修道女。対照的な二人の運命は、冷酷な美男司祭リュシアンによる、エロティックな受難の儀式によって導かれる──(「夜食(スペ)」)。血の香り漂う官能二篇。

659円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

貴腐 みだらな迷宮のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

貴腐 みだらな迷宮を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

貴腐 みだらな迷宮の注目の投票ランキング

PAGE
TOP