メタルカラーの時代12 空前絶後のスーパー仕事師 山根 一眞

メタルカラーの時代12 空前絶後のスーパー仕事師

著者
山根 一眞
出版社
小学館
ジャンル
ノンフィクション ビジネス・経済 産業
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタルカラーの時代12 空前絶後のスーパー仕事師のあらすじ

精密さの極みにかけた男たちのドラマ 重さの“絶対神”キログラム原器を守る男たちがいる。また、誤差10兆分の1秒の時計をつくった日本人がいる。日本の工業は、精密な計測値に裏付けられて、その品質を誇ってきた。そして日本は今また、兵庫県の山中に直径437メートルの大型施設「スプリング8」を作り、[人類初の巨大な眼]をも手にした。さらに本書では、南米アマゾンへの現地取材で、自然と人間の共生とそのための技術をリポート。それぞれのメタルカラーたちに聞く、シリーズ第12弾。 【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

メタルカラーの時代12 空前絶後のスーパー仕事師のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP