虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 池田清彦(著)/奥本大三郎(著)/養老孟司(著)

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)のあらすじ

過激派元昆虫少年3人の、井戸端子育て論議 解剖学者として、広い見識を持つ知識人として『バカの壁』をはじめとする数々のベストセラーを送り出している養老孟司。生物学者として、構造主義生物学論にとどまらない環境問題や人間の生き方についての著作でも知られる池田清彦。フランス文学者として、ヨーロッパや日本の文化、そして都市環境への高い関心を持ち、『ファーブル昆虫記』の翻訳も手がけた奥本大三郎。その3人が「虫好き」というたったひとつの共通項をもとに、子どもたちの正しい育て方と、人として生きるべき方向について語り合った。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)の最新書籍ニュース

2018年12月12日 更新

PAGE
TOP