からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 上野川修一

からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫

ジャンル
科学
配信日
2020年11月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫のあらすじ

進化をきわめた「おどろきの臓器」。実は「体外」だった! 年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは? (ブルーバックス・2013年4月刊)

1,012円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP