箱館奉行所始末 異人館の犯罪 森真沙子

箱館奉行所始末 異人館の犯罪

著者
森真沙子
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2014年07月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

箱館奉行所始末 異人館の犯罪のあらすじ

――凄腕の箱館奉行、小出大和守秀実を知っていますか? 洋学者武田斐三郎による七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五稜郭に箱館奉行所はある。元治元年(一八六四)支倉幸四郎は支配調役として、幕府の逸材と評価の高い奉行小出大和守秀実の配下で激務をこなすことになった。箱館の街は江戸と違い異国人に溢れ、教会やホテルが建つ、悪の街でもあった……

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

箱館奉行所始末 異人館の犯罪のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

箱館奉行所始末 異人館の犯罪の注目の投票ランキング

PAGE
TOP