北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道 太田雄貴

北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道

著者
太田雄貴
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 趣味・実用 スポーツ
配信日
2017年12月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道のあらすじ

北京五輪フェンシング競技で日本人初の銀メダリストに輝いた「元ニート剣士」こと太田雄貴の初の自伝エッセイです。 マイナースポーツといわれ、五輪関係者にもマスコミにも完全ノーマークだったフェンシングにあって太田選手の北京行きの見送りはわずか3人。それが帰国時の出迎えには200人以上と、メダル獲得は彼の人生を大きく変えました。さらには帰国後のインタビューで答えた「就職先募集中」の言葉が「ニート剣士」として話題を呼び、正直で屈託のない性格が五輪後も人気となっています。完全ノーマークの男がなぜメダルを獲得できたのか。競技人口わずか1万人弱という日本のフェンシングが世界を目指すには、どのような苦労があったのか。アマチュアスポーツ界の「メイク・ドラマ」を自らが綴ります。

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

北京五輪フェンシング銀メダリスト 太田雄貴 騎士道の最新書籍ニュース

2017年09月20日 更新

PAGE
TOP