とにかく あてもなくても このドアを あけようよ 銀色夏生

とにかく あてもなくても このドアを あけようよ

著者
銀色夏生
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年03月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく あてもなくても このドアを あけようよのあらすじ

海、空、サボテン、そこにある暮らし――。旅の中に見つけた光景に、染み入るようにつむぎだされる、優しくそして決然とした恋の詩が、ささやかな勇気を与えてくれる。オールカラー写真詩集。

556円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

とにかく あてもなくても このドアを あけようよのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP