落語文庫(10) 福の巻 講談社[編]

落語文庫(10) 福の巻

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2019年01月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落語文庫(10) 福の巻のあらすじ

一荷入りの壺を一円で買って二荷入りに取り替えようとする(壺算用)、浪人が屑屋に払い下げた仏像から小判が出てきた(井戸の茶わん)、仏師屋に位牌を取りに来た小僧がケチな旦那の真似をして値切る(位牌屋)、星野屋の旦那がお松に心中をもちかけ吾妻橋から身を投げる(星野屋)、勘当された若旦那が居候になっている船宿の船頭になる(船徳)、壁に家財道具を描いてもらったところへどろぼうが入る(だくだく)、他に「武助馬」「火事の引っ越し」「反魂香」「らくだ」を収録。

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

落語文庫(10) 福の巻のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

落語文庫(10) 福の巻の最新書籍ニュース

2016年02月08日 更新

PAGE
TOP