戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか 千野 隆司

戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか

著者
千野 隆司
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代 文芸 その他
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるかのあらすじ

秀吉の秘宝を巡って、戸隠での最終決戦!長編伝奇小説、ここに完結! 秀吉の遺した秘宝の手がかりを、敦賀の気比神宮にまで捜しに行った近忠だったが、手がかりとなる図面は高嶋屋五郎左衛門に、財宝を開ける際に必要な宝刀は、鼠小僧次郎吉に奪われてしまった。 江戸に戻ってきた近忠は、高嶋屋と小浜藩の内藤主殿たちが、隠し場所の戸隠に出かけるのを知り、仲間たちと追いかけた。前回と同じ、辰次にお絲、亥ノ吉に義兄の欽之丞が加わり、5名での旅立ちだったが、角雲、大けがをした千代吉、それに十蔵と孫娘のお良が後に参加し、9名になった。 川を舟で渡ろうとした一行の行く手に、次郎吉の一味が現れ、お絲を攫っていった。味方と思っていたものが、敵と通じていたのだ。 次郎吉は、戸隠の里に住んでおり、秀吉の秘宝を探しに来た一味からお宝を奪い取ろうとしていた。 果たしてお絲を救い出せるのか。また、三つ巴の戦いの行方は。 秀吉の秘宝は、誰の手に渡るのか。

615円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP