誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書) 坂本一敏

誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書)

著者
坂本一敏
出版社
小学館
ジャンル
ノンフィクション 暮らし・生活 グルメ
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書)のあらすじ

ラーメン・そばなどと中華麺の不思議な関係! 「担担麺」や「天津麺」は中国にはないのか? 醤油ラーメンや、味噌ラーメン、豚骨ラーメンなど日本ラーメンはどこから来たのか? 日本の麺の源流を探って二十余年、中国全土の麺をくまなく食べ歩いた男の出した大胆な結論――すべてのラーメンのルーツは、山東省にあった! ここから大陸全土に通じる拉麺之路(ラーメンロード)を旅し、西の果てパキスタン国境沿いのクンジュラブ峠で食べた未来のラーメン「汁入りラグメン」や、日本の「もりそば」そっくりの麺、うどんの中国逆輸出バージョンの「烏冬(ウードン)麺」まで、千種類以上の中華麺を食した著者が日本の麺の昨日・今日・明日を語る。巻末には著者一押しの中国主要都市麺館案内。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書)の注目の投票ランキング

PAGE
TOP