タッチ もうひとつのラストシーン 青木ひかる

タッチ もうひとつのラストシーン

著者
青木ひかる
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 ドラマ・映画・アニメ
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タッチ もうひとつのラストシーンのあらすじ

甲子園優勝から20年目の夏――松平孝太郎率いる弱小高校野球部ではふたごの新人生が活躍している。その姿に懐かしいあの兄弟が重なる。  上杉達也と和也。孝太郎がふたりの投球を受けた青春の日、浅倉南もそこにいた――。  あだち充原作の『タッチ』が初めて小説に。数々の名シーンはもちろんのこと、コミックには描かれていない隠れたエピソードも盛りだくさん。 『タッチ』ファン必読、2005年秋公開の映画「タッチ」の感動もさらに広がる究極のサイドストーリー。あの不朽の名作が青春グラフィティ・ノヴェルとなってあらたに甦る。

486円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

タッチ もうひとつのラストシーンのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP