絶望裁判4 ~拉致・リンチ・虐待~ 中尾幸司

絶望裁判4 ~拉致・リンチ・虐待~

著者
中尾幸司
出版社
小学館
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶望裁判4 ~拉致・リンチ・虐待~のあらすじ

拉致、リンチ、虐待……。戦慄の犯罪法廷ノンフィクション。 ここに、近年起こった数々の凶悪かつ異常犯罪の記録がある。それは、著者が追った全国各地の裁判傍聴記録。プロローグには、子供を含む一家6人と男性1人を殺し合わせた前代未聞の事件、福岡・北九州市監禁連続殺人事件を収録。 第四部は、頻繁に起こる親殺しや、集団で拉致・リンチを犯す少年犯罪を追う。京都「16歳少女」警察官父惨殺事件、東大阪大生リンチ殺人事件、埼玉・熊谷市男女4人拉致殺傷事件など。少年少女に生じる心の闇。その闇が殺人へと変わる、残虐的心情を綴る。 この作品は『絶望裁判 平成「凶悪事件&異常犯罪」傍聴ファイル』の、「第4章 幼稚な暴走」の内容となります。

259円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

絶望裁判4 ~拉致・リンチ・虐待~のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

絶望裁判4 ~拉致・リンチ・虐待~の最新書籍ニュース

2018年12月12日 更新

PAGE
TOP