新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書) 週刊ポスト編集部(編)

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

ジャンル
ノンフィクション 社会・政治
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)のあらすじ

大相撲八百長追及30年間の取材記録 八百長問題の発覚で、大相撲が65年ぶりとなり本場所の開催中止に追い込まれた。日本相撲協会の放駒理事長は「天地がひっくり返った感じ」と述べ、新聞やテレビは「協会はすべての膿を出せ」と大騒ぎしている。  しかし、大相撲の八百長は、今初めて判明したわけではない。 『週刊ポスト』は1980年の「角界浄化キャンペーン」を皮切りに、数々の実名証言と物証を誌面で提示し、厳しく追及してきた。「元十両・四季の花の告白」(80年)、「元・大鳴戸親方の爆弾手記と怪死事件」(96年)、「曙の付き人・高見旺の証言」(97年)ほか、『週刊ポスト』が30年間にわたって総力追及してきた国技の最大タブー「八百長」の歴史と実態を詳らかにする。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP