低温火傷I たとえすでに誰かのものでも 狗飼恭子

低温火傷I たとえすでに誰かのものでも

著者
狗飼恭子
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年03月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低温火傷I たとえすでに誰かのものでものあらすじ

音大受験に失敗して生きる意味を見失った音海は、妻子ある男との恋に逃げ道を求めていた。暴力を振るう父、従順な母、死んでしまった兄……家族は誰も助けてくれない。ある日、男との逢瀬から戻った音海は兄の仏壇に供えられた花に気付く。その花には、兄の死と家族に関する秘密が隠されていた。全三話シリーズ第一弾。

437円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

低温火傷I たとえすでに誰かのものでものユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP