浮気をしたい脳 ヒトが「それ」をがまんできない訳 山元大輔

浮気をしたい脳 ヒトが「それ」をがまんできない訳

著者
山元大輔
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気をしたい脳 ヒトが「それ」をがまんできない訳のあらすじ

浮気、フェロモン、理想のキス、モテ男、性格・・・・それにはこんな「からくり」が!  なぜヒトは“浮気”をしてしまうのだろうか? 特に男性は一人の女性に飽きたりず、多くの女性に常々視線を向けている…。その謎は”浮気のDNA”にあった! また、キスをするときの顔の向きにも大注目! あなたは、右向き? 左向き? それによってキスの味が違うなどなど。“理想のキス“で徹底研究しちゃいます。ほかにも、誰もが持ってるモテたい願望。”モテる脳 モテない脳“ではモテる定義をこっそり教えてくれます。立ち読みページには、女性がかもし出す「男性誘惑用・性フェロモン」の真相を語った“セックス・フェロモンの話”を掲載。誰もが関心を持っている恋愛、男女関係のいろいろを科学的に探求したちょっとエッチな(?!)サイエンス・エッセイ。

777円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

浮気をしたい脳 ヒトが「それ」をがまんできない訳のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP