イチローvs松井秀喜~相容れぬ2人の生き様~(小学館101新書) 古内義明

イチローvs松井秀喜~相容れぬ2人の生き様~(小学館101新書)

著者
古内義明
出版社
小学館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチローvs松井秀喜~相容れぬ2人の生き様~(小学館101新書)のあらすじ

イチローと松井秀喜「知られざる不仲の真相」 イチローと松井秀喜。 日米球界を代表するスターであり、後世に語り継がれるライバル同士である。 イチローは昭和48年、松井は昭和49年の生まれ。ともに外野手で左打ち。共通点は多い。 だがいつしか2人はメジャーリーグで対戦しても、談笑はおろか目も合わさなくなった。日本ではタブー視されたが、アメリカでは公然と「不仲説」が唱えられた。 なぜ相容れないのか? 本書は、その謎を解き明かすため両雄の「生き様」に深く切り込んだ。例えば野球人として歩んできた道。 イチローはオリックス、マリナーズという地方球団に属しながらも、安打という「記録」を積み重ね現在の地位を築く。 一方、松井は優勝を至上命題とする巨人、ヤンキースの主軸を担い、勝負を決すホームランを放つことでファンの「記憶」に残る選手となった。 「個人成績」を求めるイチローと「チームの勝利」を追う松井――鮮やかなコントラストはそれだけではない。 生い立ち、ファッション、ファンからの愛され方……2人の人物像をあらゆる点から比較してみると、「水と油」の理由が浮き彫りになる。 2010年から同地区で対峙する両雄。因縁対決を楽しむためにも必読の一冊。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

イチローvs松井秀喜~相容れぬ2人の生き様~(小学館101新書)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

イチローvs松井秀喜~相容れぬ2人の生き様~(小学館101新書)の注目の投票ランキング

PAGE
TOP