影法師冥府葬り 4 なみだ雨 稲葉 稔

影法師冥府葬り 4 なみだ雨

著者
稲葉 稔
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影法師冥府葬り 4 なみだ雨のあらすじ

先手御用掛の宇佐見平四郎は、松井田基一郎の捕縛を命じられた。松井田は、閑職である甲府勤番に任じられた不満から、小普請組世話役の河内惣衛門とその家族を斬殺したのだった。さらに、元旗本で、五年前に同僚の妻と密通した末に逐電した吉田藤兵衛探索の命も加わるのだが、吉田は知己となった若い浪人と深い因縁があった。書き下ろし長編時代小説、好評シリーズ第四弾。

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

影法師冥府葬り 4 なみだ雨のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP