おいらか俊作江戸綴り 3 惜別の剣 芦川淳一

おいらか俊作江戸綴り 3 惜別の剣

著者
芦川淳一
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいらか俊作江戸綴り 3 惜別の剣のあらすじ

俊作に舞いこんだ新たな仕事は、呉服屋の十歳の女の子の用心棒だった。子どもが心配なら千両寄越せという妙な脅し文が、呉服屋に届いたからである。勝気な子に振りまわされ難儀する俊作だが……。大好評シリーズ第三弾!

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

おいらか俊作江戸綴り 3 惜別の剣のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP